きれいなもの

日頃みつけたきれいなもの

2017.03.29

旅の桜

Dsc00668

2010

2010年 奈良

2010_2
2010_3
2010年 松本

Photo_4
Photo_5
2015年 一乗谷

旅先で見た桜です

<画像をクリックすると拡大します>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.20

実桜の色

Photo_3

庭の実桜は 春分の日に咲き始めました

蕾はほんのりピンク色ですが 白い花が咲きます

Photo

先日染めたストールの色

少し黄色がかったシルクで織られた布でしたので 実際はもう少し黄色味があります

画像上が鉄媒染 下が灰汁媒染 

一つの植物からたくさんの色相が引き出せるのが草木染めの面白いところであり また難しいところだと思います

いずれにしても桜の花の色は きつい色ではありません

たおやかで優しい色です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.07

自然の作品

Photo_2
シジュウカラがさえずっています

庭の実桜に取り付けた巣箱の中を掃除しようと思いつつ 夏が過ぎ 秋が過ぎ 冬になってしまいました

この調子ではすぐに春もやってくると思います

春が過ぎるとまた新たな(毎年同じなのか?)シジュウカラの番いが巣作りを始めてしまいます

その前に掃除をと巣箱を開けてみると…

あるある シジュウカラの作ったベッド 

実によくできていて毎回感動します 

Photo_3
低層部には水苔 その上に棕櫚の繊維 さらに上には動物の毛などやわらかなものが重なっています

よく見ると私が染めていた茜染めの糸くずまで

小鳥 いや自然のつくる作品に脱帽です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.05

今年の桜

Photo
ここ数日 雨が降ったり止んだり 

公園の桜が終わってしまう前に観に行きました(すぐ目の前の公園)

先日枝先を伐っていたので 今年は花が少なめです

Photo_3
その代り 数年前に植えられた枝垂桜が大きく育って見事な花を咲かせています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.26

色糸

Photo

やっと片付いた機部屋ですが 只今床に糸の海が出来ています

すべてが植物からの色だと思うと 改めて自然の不思議さを感じます

これから色糸を選び 糸量を計算して今日の晴天糊付けまでいけるといいなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.28

秋の色

Photo_5
庭の隅にツワブキの鮮やかな黄色 冬が近づいている証拠です

Photo_4
ホトトギスはそろそろ終わり

Photo_8

秋の色は鮮やかです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.24

金魚

Photo_2
前の公園で盆踊り大会があり 

くじ引き券で金魚すくいが当たりました

赤い金魚を一匹すくい おまけの色の薄い金魚二匹とが我が家にやってきました

取りあえずあったガラスの容器に

Dsc00261_2

生き物は死んだら悲しいので 飼わないと決めていたのですが…

近寄ると寄ってきてこちらを見ます その目をみていたら 思いのほか可愛い 

上手に育てられるように色々調べています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.06

月と金星

今日は友人と共に高速バスで山梨県まで日帰り

帰りは高速の中で日が沈み始め 西南の空にはうっすら月と金星(宵の明星)が…

Photo_4

今夜は月と金星(宵の明星)がタテに並ぶ日 家に着いた時にはくっきりとみえました

小さな点にしか見えませんが 左中央下が金星です(画像をクリックしてください)

Photo_3

撮影するも手振れでうまく撮れませんでした

時間が経って再度挑戦しましたが 金星はすでに家並みに隠れてしまいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.22

ちょっとお花見

Dsc08813_8


Dsc08816

家の前の公園の花が色々と咲きだしました

花桃の花は天をつくように咲いています

Dsc08827

今日は東京の桜が満開だそうです

公園の染井吉野は少し遅咲きで まだちらほらといった感じ

Dsc08825_3
見上げると昼の月が出ていました

Dsc08831_4


しだれ桜はかなり開花しています

<画像はクリックすると拡大します>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.18

夏のきもの

Dsc06588

梅雨が明けていよいよ夏本番です

年々暑さが応えますがこの季節にしか着ることの出来ない夏のきものは消えてしまうと淋しいです

今年は以前に大切な方から頂いた絽のきものに袖を通してみようかと思います(中央 紺色の無地)

先ずは手持ちの麻の襦袢と寸法が合うかどうか確認しなければいけませんが…

帯の柄は秋草 盛夏に秋の柄で涼しさを出すという感覚が好きです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧