作業

作業のようす

2018.12.07

バラの枝が届く

Photo
バラの枝が届きました

送り主は京都にお住まいの中学時代の友人です

私の作品を通して植物による染色にも興味を持ってくださり 

「○○ちゃんの育てているバラでも染めることができますよ」とお話ししたところ たくさん送ってくださいました 

Photo
彼女が丹精込めて育てていらしゃる植物

見事ですね

バラを始め様々な花が咲き乱れて良い匂いがしてきそうです

今回送ってくださったのはアイスバーグという品種だそうで 上方にアーチ状になっている白い花をつけたバラだと思います

Photo_2

ちょうど今が剪定の時期だそうです

梯子に登っての作業はさぞかし大変だと想像します

手持ちの糸をかき集めて わくわくしながら早速染めにかかっています

染色の様子はまた明日

<花の画像は友人が提供・クリックすると拡大します>

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.25

ありがたい!

Photo

ある方のお宅に遊びに行くと 時々紙袋を手渡されることがあります

「いつもありがとうございます!」

ふわっとした袋の中身は 見なくてもわかります

料理で出た玉ねぎの皮を集めてくださっったもの

Photo_2
幾度かいただいたものを使って 今日は玉ねぎの皮染めをしました

紡ぎ溜めていた糸を浸けると ぐんぐん色素を吸って柿色に変わります

Photo_3
その後鉄で媒染し さらに染液に戻すと

緑味を含んだ茶になりました

この糸が何になるかはお楽しみです

Photo_4
様々な方が気にかけてくださって 染色の材料が集まってくること

本当に嬉しく感謝しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.20

梅雨の一日

Img_3226
梅雨に入ってからもずり出し糸を作り続けています

Photo_2

薔薇の枝葉で染め 鉄で媒染した色は雨のような色と思います

Photo_3

指先で引き出しただけの原始的な糸は 玉繭のみから作っているためかなり節が多い

まだまだ着尺用には程遠い量

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.22

テスト染め

Photo

庭のばらの枝や葉で朱里丸と言う玉繭を染めることに

以前蛹を取り出してあったものを使います

Photo_6

テスト染めは量が少ないので料理をしている気分になります


Photo_2

バラの枝や葉で染めているのにもかかわらず

なんとも花のような色

Photo_3
鉄で媒染することによってグレー系に

今回は淡い淡い色です

Photo_4
テストに少しずり出し糸にしてみました

絹らしい光沢と繊細な震えるような感じ

ずり出し糸は好きな糸です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.03

糊付け

Img_2468
昨年の暮れに染めていた茜染めの糸です

ショール用にと準備をはじめました

紡いだ糸は これまで主によこ糸に使ってきましたが 今回はたて糸にも使ってみることにします

そのため筬に引っかかりそうな節は取り除きました

Photo

そしてより入念に糊付けをしています

まずいつも通り綛のまま糊に浸して絞って干し 乾いたものを木枠に巻き取り 

再度糸端から一本の状態で糊の液にくぐらせ 綛にあげてみました(画像)

この手順が正しいのかは 織ってみなければわかりませんが 糸の毛羽はきれいに伏せられているように見えます

糊付け 

その後の織りに大きく影響してくるので 決して侮れない工程です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.24

雪の日に

Photo

今年の冬はあちこちで大雪

こちら横浜も一昨日はかなり積りました(画像は降り始め この後どんどん積もることに)

雪が降ると雨と違い本当に静か 機織りに集中できます

雪に閉ざされた土地で機を織るのは自然なことなのでしょう

Photo_2


私の織物歴のスタートと言える新潟県十日町市も雪深いところで織物が栄えていました

雪の匂いを嗅ぐと その頃の気持ちがふと蘇がえります

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.13

腰痛

Photo_2


糸巻きを終えて さてこれから整経と思ったところで ぎっくり腰になってしまいました

たまたま連絡をくれた方に そのことで愚痴をこぼしたら

翌日痛み止めの湿布薬が送られてきました

薬局では手に入らない湿布だそうです

ありがたいことに効果てきめん

コルセットと湿布をして 整経を無事終えることができました

寒いと運動不足になり 血流も悪くなるので腰痛には注意!

皆様どうぞお気をつけください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.08

日常にもどる

Photo
晴天続きだった年明けでしたが 雨が降り始めました

雨のおかげで久しぶりに気持ちが落ち着いて 目の前のものに集中できそうです

一昨年染めてあった藍の糸を取り出して これから設計に入るため糸を並べています

Img_2173

年を跨いで染めていた茜染めの糸も暫し色を落ち着かせてから使うことにします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.21

真綿から

Photo


真綿から紡いだ糸です

少しずつ作りためておきました

展覧会の会場でこの糸をお手にとっていただくと 拍子抜けするような軽さに皆さん驚かれます

そして暖かいと…

今回はマフラーやショール用に着尺の糸よりも少し太めに紡いであります

節も多め

只今茜の染液の中にゆったり浸かっているところです

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.18

Photo_2

茜で染めています

Photo


植物の根からこんなに鮮やかな色

いにしえの人々にとって 植物染料で染められた衣類は 単なる色を楽しむためだけではありませんでした

衣を纏うことによって 皮膚を通してその薬効成分を身体に取り込むという役目もあったのです

ですから薬を飲むことは「服用」と書きます

茜は血をきれいにして身体全体を活性化させ また保温の効果もあるそうです

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧