« 茜ショール たて糸にも手紡糸 | トップページ | ブルー系ボーダーストール »

2018.04.02

バッグ二種

Img_0680
繭の毛羽部分から紡いだ糸をミロバランの実で染め…

Photo

それを赤城の節糸に混ぜ込み織った布からバッグが出来上がりました

大きな竹の持ち手とバランスを取るためにかなり大容量サイズになりましたが(開口部分の横巾は52㎝)

このバランス 自分では気に入っています

ナチュラルでラフな感じです

Photo_2

こちらは一般的なサイズ感で すこしかちっとした仕上がりです

布は六通の九寸帯地として織ったもので 毛羽の紡ぎ糸を入れていない部分で シンプルバッグになりました

玉ねぎの皮と五倍子が主な糸染めの材料です

Photo_5

マチは10㎝としっかりあるので それなりにたっぷりとものが入りそうです

内側は生平で ポケットが二つ付いています

口部分はマグネットで開閉できます

いずれも竹の持ち手がさわやかで これからの季節にも良いのではないかと思っています





|

« 茜ショール たて糸にも手紡糸 | トップページ | ブルー系ボーダーストール »

小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541947/66568653

この記事へのトラックバック一覧です: バッグ二種:

« 茜ショール たて糸にも手紡糸 | トップページ | ブルー系ボーダーストール »