« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017.03.29

旅の桜

Dsc00668

2010

2010年 奈良

2010_2
2010_3
2010年 松本

Photo_4
Photo_5
2015年 一乗谷

旅先で見た桜です

<画像をクリックすると拡大します>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.20

実桜の色

Photo_3

庭の実桜は 春分の日に咲き始めました

蕾はほんのりピンク色ですが 白い花が咲きます

Photo

先日染めたストールの色

少し黄色がかったシルクで織られた布でしたので 実際はもう少し黄色味があります

画像上が鉄媒染 下が灰汁媒染 

一つの植物からたくさんの色相が引き出せるのが草木染めの面白いところであり また難しいところだと思います

いずれにしても桜の花の色は きつい色ではありません

たおやかで優しい色です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.16

実桜で染液をつくる

Photo_5
庭の実桜(さくらんぼ)の花が今にも咲き出しそうです

Photo
そんな中 先日伐ってあった小枝を煮だして染液をつくりました

薬草を煎じるようにぐつぐつ煮ます

Photo_2

一煎目 二煎目のお茶の味が違うように 枝を煮だして得た色合いにも違いがあります

二煎目以降の方が赤味のある色になり 置いておくことで 酸化してさらに赤味が増すように思います

今回は桜のピンクを出したいので 二煎目以降四煎目までの染液を暫く放置してみることにしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.08

椿の木

Photo

2015年 一乗谷を旅した時です

人気のない遺構で 突然木に呼びかけられたような気がしました

落花もそのままの椿の木でした

<画像をクリックすると拡大します>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.06

春の庭

Photo_4
バックナンバーを見ると 毎年同じようなことを載せていますが…

今年も庭の沈丁花が咲き 清々しい匂いがしています

Photo_5
蕗の薹は昨年よりたくさん顔を出し

Photo_6

実桜に取り付けた巣箱は 昨日シジュウカラの番いが偵察にきていました

シジュウカラがやってくる頃には 実桜(サクランボの木)の蕾がみるみる膨らんできます

Photo_3

本格的に巣作りを始めてから枝を伐ったりすると 作るのを止めてしまうといけないので

その前に少しだけ枝を伐りました 

なるべく蕾の付いていない枝を伐ったつもりでしたが 一枝に丸い蕾が付いているのがわかります

これでストールを染める予定です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.01

桜の前に

Photo_4
初めて草木で糸を染めて織った紬(何度か登場していますね)

ちょうど今頃の桜の枝を媒染違いで染め 縞にしてあります

Photo_5

昨年洗い張りに出して そのまま着ないでいましたが 今年に入ってからは何度か袖を通しています

真綿を使ったこの紬 袷仕立てでとても暖か

桜が咲き始めてからは暑いくらいの日もあり 案外出番が少ないので

ちょうど今頃着るようにしています

洗い張りをすることによって柔らかくなり 体に馴染みます

絹らしい光沢が出たことも嬉しく さらに愛着が増しました

<染材>桜の枝・プラムの枝

<画像をクリックすると拡大します>

 







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »