« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017.02.20

発見

Photo

今回の着尺 軌道に乗るまで色々ありました

織り難いたて糸を使っているとはいえ 何時にも増して糸切れする

まずは初めて使う筬を疑い いつもの筬に通し直しました

再度織りつけ 織り始めると やはり切れる 

それも同じ糸

こんな調子では到底三丈六尺(14mくらい)を織り進められそうもありません

切れた糸をじっくり見てみると 丁度綜絖(画像の穴に糸が通っている金属部分)の辺りで擦り切れたような跡があります

今度は綜絖に傷があるのかと よりによって綜絖枠の真ん中辺りにある問題の綜絖をなんとか交換しました

これでやっと気持ちよく織れると機に上がったのですが

やはりまた同じ所が切れてしまうのです

Photo_2

筬でもなければ綜絖でもない…

狐につままれたような気持ちで 本当に途方に暮れてしまいました

ふと切れる糸の隣の綜絖を指で触ってみると

ありました指先に触れるギザ! 肉眼では見えませんが指先には感じられます

このギザによって糸が擦り切れていたのです

発見するのに丸々二日かかってしまったので 「あった~」と小躍りしてしまいました

何事にも必ず原因があるものだと妙に得心した次第です

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.17

胡桃の色

Photo

昨年の今頃 胡桃の枝を送ってくださった方がありました

一度お会いしただけなのですが 何気なく胡桃で染めてみたいとお話ししたことを気に留めていてくださり 「剪定したものを送りましょうか」と連絡をくださった時には大変嬉しかったのを覚えています



胡桃の色は たとえば飲み物に少しミルクを混ぜたような感じで 柔らで好きな色です

ありがたく着尺分の糸を染めさせていただきました

Photo_2


一年たって色が落ち着いた糸を使って 今着尺を織っています

単なる格子柄ではありますが そこに奥行きや揺らぎのようなものが出せればと思っています

<たて糸>座繰り糸・節糸・手紡糸

<よこ糸>自作手紡糸

<染材>胡桃の樹皮・枝、山葡萄の枝、矢車附子の実など

画像をクリックすると拡大します

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.11

ミロバランの色

Photo
ミロバランの染め色

緑がかった黄色 春らしい

Photo_2
グラデーションを入れて染めたので 巻くと表情がでます

Photo_5
こちらは茜染め 

ミロバランが水仙の花 茜が薔薇の花のよう



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.09

ミロバラン

Photo
外は霙がチラついて寒い日となっていますが 昨日から染めを始めました

今日はミロバランと言う木の実を使って

金槌で細かく砕いてから使います

Photo_2

もう少し細かくしてから…

ミロバランはインド・インドシナ原産で果実は染料として使われる他 整腸・下痢止め・抗菌作用などがあり 古くから薬としても使われてきました

正倉院の種々薬帳にある呵梨勒(かりろく)はミロバランとのこと

どんな色になるかはまた報告します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »