« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016.11.12

精練

Photo_2

精練前の絹糸はセリシンというタンパク質が糸の表面を覆っているため硬く艶もありません(上画像)

これが絹糸?と艶のあるシルクを頭に思い描いている人は一様に驚かれます

今回は画像の左側の糸を精練しました

Photo_3

精練とはアルカリ性の液で糸を煮て セリシンを落とすことです

糸を練るとも言い 私は灰汁練り(灰にお湯を入れて放置してできる上澄液を使う)の方法をとっていますPhoto_4


Photo_5

精練することで 絹糸はふっくらと艶のある糸に変わります(画像奥の白い糸)

今日は天気がよかったので 昨日精練して部屋干ししてあった糸をベランダに干しました

手前のチャコールグレーの糸は染め糸に糊付けをして干したものです

秋の日差しを浴びて輝く糸は本当にきれい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.05

竹筬

Photo
機織りの準備段階 仮筬通し

Photo_2

古い竹筬をきれいにして修理したものを使っています

着尺より荒目の筬で主にストールやマフラーを織る時に活躍

古いものでも充分使用に耐える 大切な道具のひとつです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »