« 梅の柄 | トップページ | 冬の庭 »

2016.01.26

ケバ

Photo


今回の着尺 よこ糸に使っているずりだし糸

繭一㎏分 何かに使おうと手に入れたものの 2年放置してしまい さすがに蛹を取り出さないとと思い立ち 繭を煮て 蛹を取り出そうとしたところ ふやけた繭からずるずると糸ができるではありませんか

その時 これがずりだし糸かと 甚く感動しました

これで織ってみたいと考えたのが 昨年の夏ごろ

それからというもの 他の作業の合間 少しずつ糸にしては溜めていきました

やっと織りだしたものの…

撚りがほとんどかかっていないので 糸がばらけて 管に巻いた糸がケバによってからみつきスムーズに出てきません

一度木枠に巻いた糸を できるだけふんわりと綾を大きく振りながら管に巻き マチ針でからんだケバをほぐしながら 少しずつ織っています

今回 真綿を紡いだ糸と同じように糊付けしましたが しない方が良かったのか?

もしくはもっと強い糊をした方が良かったのか??

次回への課題です

|

« 梅の柄 | トップページ | 冬の庭 »

作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541947/63124282

この記事へのトラックバック一覧です: ケバ:

« 梅の柄 | トップページ | 冬の庭 »