« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015.07.30

自分用

Photo_6
先日織り上がり 機からおろした着尺です

仕上げを終えて ふっくらしました

こういうのはみじん格子と言えば良いのか 小格子と呼べば良いのか?

Photo_4

糸の実験も兼ねていますので 自分用です

よくある柄…

それでも 自分が着ていて落ち着く 手持ちのどの帯にも合うという条件でこうなりました

糸の太細で格子がかすれたような よろけたような そんな風に見えると面白いのではと思いつくりました

Photo_5

<染材>白木蓮・藍

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.26

西瓜

Photo_3

初採れの小玉西瓜

小さいですが まあまあの甘さ

猛烈な暑さ 気持にも身体にも堪えますが 束の間元気になりました

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.13

つくりたいもの

Photo

着まわしの利くもの 何年も着て洗い張りしてさらに着て 擦り切れても 色が褪せても部位を換え 仕立て直して着ることのできるものをつくりたいと思っています

そうすると 自然なんでもない色柄になりますが

帯や小物でどのようにでも雰囲気を変えられる楽しみがあるのではないでしょうか

現在織っている小格子の着尺

帯合わせがしやすいです

Photo_3

画像が暗いですが アップするとこんな感じ

遠目には無地っぽい広巾です 

よこ糸には自らが真綿から紡いだ糸を使用しています 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.12

晴天

Photo

機にはこんな経糸がかかっています

今日は梅雨が明けたかのような晴天

そんな空のようなブルーの糸も使っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.11

糸です

Photo

ずりだし糸をつくっています 素麺のようですね 

水分を含ませた繭から糸を引き出しているため 作ってすぐの糸は濡れています

ちりちりと細かく波打っている糸

そのままの状態を保ちたいと乾かしてから綛にあげることにしています

おはじきが混ぜてあるのは 綛あげの時に糸が絡まないようにするためです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.06

ずりだし糸

Photo_2

梅雨で鬱陶しい日が続きます

夏が来る前にやってしまわなくてはいけないことの一つ

それは以前買っておいた繭を糸にすることです 

乾繭とはいえ 今年の夏そのままというわけにいかないので 精練しました

Photo_3
中の蛹を一つずつ取出し 乾燥

目方の多くは蛹だったことに改めて気が付きます

Photo_4
その後 ずりだしという方法で糸にしました

道具を必要としない原始的な方法です 

精練して柔らかくなった繭の繊維を指先でつまみ出しぎゅーっ引っ張り 糸にしていきます 

繭を最初に糸にしようと思い立った人はきっとこうしたのではないでしょうか

握ると弾力のある なんとも魅力的な糸ができました

まだ繭もあります

夜な夜な作りためて着尺にしたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »