« 鮮やか | トップページ | 整経 »

2013.11.29

糸巻き

Photo
糊付けを終えた糸はどのように木枠に巻くのかとご質問をいただきました

当たり前のようにやっていることでも織物に関係のない方にはわかりにくいことでしょう

まず糊を付けた糸綛を後光(ごこう)と呼ばれる左側の道具に掛けます

そして座車という右側の道具に木枠を取り付け ハンドルを回転させることにより木枠に巻いていきます

Photo_2


右手でハンドルを回しますが 左手は遊んでいてはいけません

木枠に糸を均一に巻き取るために(ほぐれやすくするためもあります)糸をかるく持って綾を振ります

同時に左手指の感触で節や結び目を感じ取り これからの工程で支障が出るようなものは取り除き整理します 

使っているタテ糸は節の多い糸 扱い難いですが膨らみと張りがあり  布に織り込まれると独特の風合いを持ちます その様子を想像しながら注意深く糸を巻いていきます

右手のハンドルはタテ糸の必要量を計算した数だけ回します 私の座車には回転計が付いていないため 頭の中で数えています

木枠がそろったら 次はいよいよ整経です

|

« 鮮やか | トップページ | 整経 »

作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541947/58664152

この記事へのトラックバック一覧です: 糸巻き:

« 鮮やか | トップページ | 整経 »