« モロコシ? | トップページ | 真夏の染め »

2013.08.13

富岡製糸場

先日はせっかく群馬県に来たのだからと少し足を延ばして富岡製糸場も見学してきました

絹糸を扱うものとして 歴史の一ページとして一度は訪れたいと考えていました

Photo

明治維新 生糸づくりも大量生産を可能にする工業化が図られました

ガイドさんの解説を聞きながら当時の勢いを想像しました

Photo_3東繭倉庫

建物の構造は 木材の骨組みの間に煉瓦を積み上げたもの(木骨煉瓦造)

Photo_4
繰糸場


Photo_5
繰糸場内部 

Photo_6

小屋組みはトラス構造

来年世界遺産になった場合 多くの人が訪れることでしょう 今回思いきって行って良かったです

|

« モロコシ? | トップページ | 真夏の染め »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541947/57983506

この記事へのトラックバック一覧です: 富岡製糸場:

« モロコシ? | トップページ | 真夏の染め »