« 夏の整経 | トップページ | 雲 »

2012.07.30

整経って?

Dsc06733

友人に「ブログの最新にあった整経って何?」と聞かれました

確かに織物をしない人にとっては聞きなれない言葉で 実際をご覧頂かないとなかなか説明が難しい

簡単に言うと機にタテ糸をかける前の準備で 織物になるために必要な長さのタテ糸を必要な本数用意するための作業

そしてその方法も様々です

私の場合は手延べと言って 整経台を使い ピンに糸の束をなるべく一定の張り具合で掛けていきます 

その時に羽子板という道具を使います(画像の穴のたくさん空いた板状のもの) この羽子板によって糸の順番が決まり 綾によってその順番は最期まで確保されます

ちょっとわかりにくいですね

綾についてはまた今度

|

« 夏の整経 | トップページ | 雲 »

作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541947/55310358

この記事へのトラックバック一覧です: 整経って?:

« 夏の整経 | トップページ | 雲 »