« 真綿 | トップページ | 雪 »

2012.02.23

繭について

Dsc05405

糸屋さんに座繰り糸と共に繭を少し送っていただきました 

画像をご覧下さい 左側の2個の繭と右側の1個は形が違います

皆さん繭というと左側の縦長の球状のものを思い浮かべるのではないでしょうか それに比べて右側のは大きくて丸い形をしています

どうしてこんな形なのでしょう

この丸い繭は玉繭と呼ばれています 

玉繭の中には二頭の蛹が入っています 普通は一頭が一つの繭をつくるのですが 2%~3%の割合でこうした繭が出来るそうです

玉繭から糸をとる場合 糸が絡み合ってどうしても節ができます その節というものが織物になった場合 味わいとなります

|

« 真綿 | トップページ | 雪 »

作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541947/54058642

この記事へのトラックバック一覧です: 繭について:

« 真綿 | トップページ | 雪 »