« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.28

今年の梅

Photo_2 

先日畑に行きました

本当は梅の実を採るために行ったのですが あまりに茂りすぎて揺すっても採れず 結局途中から枝を伐ることが目的になってしまいました

葉の付いていない時期にもっと深く伐りこんでおいてもよかったようです

Dsc01760

採った梅は手入れが悪かったためかあまりよくありませんでした

画像は頂きものの梅です

今年も梅干にしました 今は梅酢が上がり 甕の中で静かに干されるのを待っています

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.24

絣解き

Dsc02085_3

ヨコ糸の絣糸を解いていると玄関のチャイムが鳴り 糸を持ったまま階段を降りようとして踏み外し 数段落ちて尾てい骨を打つというドジをしました

おかげでじっと座っているのが辛く 絣を解くの時間がかかってしまいました

夜になってやっと解き終わり 糊付けをして

干した糸を眺めています

それにしても この数日で急に蒸し暑くなりました 糸を干した部屋の中もかなりの湿度になりそうです

朝一番で 屋外に干しなおすことにしましょう

Dsc02101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.17

第15回 日本の自然布展

先日池袋にある全国伝統的工芸品センターで開催されている「日本の自然布展」に行ってきました

その日は宮古上布についてのレクチャーが開かれていました

宮古上布は薩摩藩への貢納布であった時代もあるそうで あの緻密で繊細で凛とした織物がどうして出来たかがわかりました

話を聞いている間中 ブー績み(糸となる苧麻の繊維をつなぐこと)を拝見していましたが 細い細い繊維を結び目をつくらずにつないでいく指先はまるで魔法のようでした

昨日今日は友人の大熊眞智子さん(木綿織り)が参加されているワークショップがあったのにうっかりブログに載せるのが遅れてしまいました

手紡の木綿の心が温まるような風合いはぜひお手にとっていただきたいと思います 

他にも植物から手間隙を惜しまずつくりあげられた魅力的な布が集まっています

会期は22日まで お近くの方はお出かけになられてはいかがでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.11

木枠を並べる

Dsc01892

糸巻きをした木枠は整経(タテ糸を延べること)するために並べます

ここでタテ糸の順番が決まることになります

整経には様々な方法があり 木枠に巻かないで管に巻いて準備することもあるようです

今日は整経する予定でしたが 中の糸で変更したいものがあり 糊を付けて乾かし 再度糸巻きをし直した箇所があり 明日へ持ち越しです

並べた木枠はこんな感じ

Dsc01919

これで50枠あります

なかなか場所塞ぎです 明日(今日になってしまいました)は蜘蛛の巣城に籠もります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.08

あみそ

Dsc01795_2

糸さばきをよくする為に糸に糊付けをすることは以前にもご紹介したと思います

特にタテ糸は綜絖によって開口する度に糸が擦れ合うため 毛羽立ちを防ぐのに糊付けはとても大切な工程となります

糊付けをするときにには 綛を乱さないために綿糸でとってある「あみそ」(画像の白糸で三つの束に糸が分けられている部分)を頼りに糸張りをして綛の糸を整えます

本来ならばポールを使って あみそ部分を広げるように糸張りをすると 巻き上げた時のように糸が整列し直します

ところが何度も染め重ねるうちにあみそがだんだんつまって動かなくなってしまい 糸張りをしても大変糸巻きがし辛い状態を作ってしまうことが多々ありました

今回はかなり染め重ねをした糸もあったのですが あみそをゆったりとした状態でキープできました

そのかいあって糸巻きが面白いように進みました

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.04

六月の庭

Dsc01719_3   

六月です

あっという間に一年の半分

庭のゴーヤもかなり背丈が伸びてきましたが この夏に外回りを色々とリフォームするため 足場を組むのに邪魔になるので 当初予定していた緑のカーテンには出来ません

仕方なく日当たりがあまりよくない場所にプランターを移動させました

それでも小さなゴーヤの実がたくさんついています(画像をクリックすると拡大します)

紫陽花もほんのり色づいてきました

Dsc01736  

そうそう 

シジュウカラは雛の写真を載せた翌日の早朝に巣立ちました

例年危なっかしい雛たちの飛行を見ることができたのですが 

今年は挨拶もなくいなくなってしまいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »