« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010.12.31

昆布巻き

Dsc00194_3

昆布巻きの干瓢で結ぶ作業 

干瓢を切らずに端から無駄のないように結んでいきます

かつては苦手なことでしたが 絣の括りと同じなのでさほど苦ではなくなりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.30

おせち作り

Dsc00162

何時もは染色の場面でお馴染みの台所

今日はおせち作りです

染色と料理 素材をいかに生かしていくかという点では共通していると思います

ですから気持ちとしては同じような気持ちでつくります

いい色が出ますように 美味しくなりますように…

Dsc00175_2

黒豆を煮る前に水洗いすると 皮の破れる豆があります

後々煮汁が濁る原因になるので 取り除きます

お米をセットした炊飯器に放り込んでおいたら とても美味しい豆ご飯ができました

ご飯が何時もよりもちもちした食感で 豆も程よい歯ごたえがあります

色もほんのりピンク色

少しの酒と塩または昆布を入れるとさらに美味しくなりそうです 梅干を一緒に入れてもいいかもしれません

Dsc00200

Dsc00176

飾り切り 普段はしませんが おせちの時だけはちょっとよそ行きに

面取りした部分は捨ててしまわないで後で一緒にして糟汁にでもします

おせち作りの時にできる副産物です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.26

道具

Dsc00121_2 

昨日クリスマスには 毎年行く築地魚河岸にお正月用の食材を買出しに行ってきました

活気のある河岸は良いものです

その時に見つけたもの

Dsc00144_3

使い込まれて 丁寧に手入れされたマグロをおろす道具です

実に美しい… 

こうしたモノを見ると感動します

染めや織りの道具もこのように大切にしなくてはいけません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.22

冬至

Dsc00036

今日は冬至 その割にはここ横浜では暖かでした

ニュースによると東北の方は台風のような雨風だったそうな…

皆さんのところではいかがでしたか

Dsc00067_2

いただきものの果物 小ぶりなカボチャほどの大きさがあります

なんという果物なのでしょう? 柚子のようでもあり それにしては大きいし…

これから皮を剥いてみます それを少しお風呂に入れて 柚子湯の代わりにしてみましょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.20

嫁入り

Photo_4 

昨日は以前にお買い上げいただいていた着尺に合わせて羽尺をご注文いただいていた方が 着物と羽織を仕立てに出され その完成のお披露目に立ち合わせていただきました

ものをつくる者にとって その行く末はよく嫁に出した娘に例えられます 

糸染めから数ヶ月間 丹精込めてつくりあげた上 きものという形になって初めて完成するため 手元を離れた娘は心配でいつまでも気になります 

その娘たちが着物と羽織という本来目的としていた形になるのに立ち会うことが出来て感慨無量でした  

こうした機会を与えてくださったYさんに深く感謝いたします

あとは末永く可愛がっていただけたら 作り手としてこんな幸せなことはありません

Dsc04884

写真は洋服の上から仮りに着付けていただいたものなので 後日詳しく取り上げます

同時に女性で仕立てられた方もあったのですが 興奮して写真を撮るのを忘れてしまいました こちらもまたの機会にご紹介できたらと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.18

里芋

Dsc04863

例年おせちは手づくりを心がけています 

中でも煮しめの里芋だけは自家製です 

今年は猛暑の影響かあまり出来はよくないようですが おせち用に確保しておきました

これから少しずつ年末年始の準備がはじまります

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.15

袋真綿

Dsc04798_3

これが手紡糸の前段階 袋真綿

名前の通り 袋状になっています

触るとほんわかと暖かく 細い真綿の繊維が指のささくれにさわさわとひっかかります

束状に引き出していくと糸になるのが面白い

着尺一反分のヨコ糸を紡いでみようとしていますが 思いの他時間がかかります

やっと半分を紡ぎました

Dsc04816

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.10

大切な一枚

Dsc04152

自作の布でつくったものはきもの 二着しかないうちの一着です

もう一着はとてもよく着ていますが

こちらはちょっと改まった時用です ある方の結婚式に出席させていただくのに合わせてつくった思い出深いきものです

ヨコ糸には手紡糸だけではなく 赤城の座繰り糸を主に使っています(手紡糸も混じっている) そのために光沢があるところがフォーマルな席にも着て行けるかと思います

手紡糸と座繰り糸についてはまた後日お話しします

Dsc04172

染材は桜や柿など その時の光によって黄やピンク 茶など様々に感じる不思議な色です 

一年に最低一回は着ることによって 風を通し長く着ていきたい一枚です

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.09

Dsc04794

時々登場する公園のトウカエデ

たくさんの落ち葉を降らせました あと少しで全部が落葉すると思います 

このところずっと暖かでしたが今日は冬らしい寒さでした ニュースによると日本海側では雪のところもあるようです 皆さんのところではいかがでしょう? 

いよいよ冬…

実は寒いのは少々苦手です

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.07

手紡糸

Dsc04778_3

着尺の太さの糸を紡いでみました(先日の画像の糸より細い) 

繊度ムラはあるものの全体として目標の太さになりました 普段糸巻きをしている分 指先が太さを覚えているのだと思います

手に持ったときに重さを感じないふわりとした空気感のある糸 握ると弾力のある糸が求めている糸です 手ごたえを感じて心が躍りました

これらを使って心がやすらぐようなものをつくることができたら それをどなたかが喜んでくださったら

そんな嬉しいことはないと思うのです 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.05

初めての手紡

Dsc04706

真綿から手紡糸を自分で作ってみました

左手で真綿を持ち 右手指で繊維を少しずつ引き出して巻き上げるのです 最初はモーターの速さに戸惑いました

糸に撚りがかかりすぎたり 切れてしまったり…

前途多難だなーと思っていたのですが 途中でコツがつかめました

出来た糸を綛に

Dsc04742   

着尺には少し太いですが 染めて織るとどうなるか楽しみです

何時か素材そのものにも思いを入れることが出来たら…

そんな願いを持って始めてみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.02

竹筬の修理

Dsc04672

以前お願いしてあった古い竹筬の修理が出来上がってきました

羽の組み直しと差し替えです 新品のようにきれいになりとても嬉しいです

羽が金属よりしなやかなので 節の多いタテ糸を織る時にうまく節を通して ひっかかりも少なくなるのではないかと想像します

軽いのも何かと扱い易いです

大切な道具がまた増えました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »