« 豆 ゴーヤ | トップページ | 糸それぞれ »

2010.06.08

逆でした

Dsc01585

これは機の一部です 歯車のような形をしている部分は菊と言います

そういえば形が菊の花に似ていますね

菊の中央に差し込まれている角材に タテ糸が巻き取られている千切り(ちきり)をセットします

菊は織る分ずつのタテ糸を送り出した後 ストッパーによってタテ糸を固定するためにあります

私のところの機では菊の側から見て時計回りにタテ糸を送り出しますが 地方によっては 逆のところもあります

タテ絣を学んだのは新潟県の十日町です 今回はその時の方法でタテ絣を織ろうとしたところ 十日町の機は菊の側から見て反時計回りに糸が送り出される構造だったのでした 

そのことをうっかり忘れていました 絣糸を地糸に組み込むときに裏から組み込んでしまったのです いざ織ろうとしたところ地糸に絣糸が絡んでいるではありませんか

今は直しましたが 次回からは気をつけなくてはいけません

 

|

« 豆 ゴーヤ | トップページ | 糸それぞれ »

作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541947/48579193

この記事へのトラックバック一覧です: 逆でした:

« 豆 ゴーヤ | トップページ | 糸それぞれ »