« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010.06.29

つぶやき岩の秘密

034_3

子どものころ夢中になったテレビドラマにNHK少年ドラマシリーズの「つぶやき岩の秘密」があります

謎めいたストーリー 美しい海 そして主題歌 すべてにおいて当時小学生だった私に強烈な印象を与えました

海に行く度に ここがそのロケ地かもしれないと考え 切ないような気分になるのはこのドラマの影響かも知れません 主題歌は誰の歌かもわからず それでも時々口ずさんでいました

なにげなくネットで検索してみたら なんといくつかのサイトが!

ロケ地は三浦半島 歌は石川セリ「遠い海の記憶」(ドラマでは他の人が歌っていたそうですが そう言えば歌い方 アレンジがちょっと違ったような?) そして原作は新田次郎でした

三浦半島がロケ地だったとは! 時々訪れる海辺の近くではありませんか…

長年幻のように思っていたドラマ 今はこんな風に再会できるのですね ひと時その頃の自分に戻ってしまいました

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.25

何でしょう?

Dsc01858

カタツムリの中になにやら紛れ込んでいます

なんでしょう?

整経をするときや合わせ糸をつくるとき 木枠などから糸をいったん高いところに引き上げ 誘導します

実はこれ そんな時に糸を通しておくものです

名前は糸ガイドなどと呼んでいますが 本当はなんというものなのでしょう

大概は金属で出来ていますが こちらは珍しいガラス製

梅雨空に爽やかな色できれい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.22

ただいま絣のテスト中

Dsc01774_2   

先日のタテ絣はどうなったかと 何人かに聞かれたので ほんのちょっぴりお披露目

実は自分の家でタテ絣をするのはこれが始めてです

ですから今回はテスト 

なんとか今ある道具と場所でも工夫次第でできそうなことがわかりました 同時に課題も見えてきました

  Dsc01686_2

最初に絣柄が現れたときには嬉しかったです 絣を常に織っていらしゃる方から見ればほんの初歩的なものですが

これからこのテストを通してどう展開できるか です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.21

「日本の自然布展」

昨日は「日本の自然布展」を拝見させていただきました

しな布 葛布 藤布 芭蕉布 宮古上布 木綿手紡布 日本の自然布が一堂に会した展示会です 

日本独特の蒸し暑い気候のこの時期に こうした布たちは私たちをとても爽やかな気持ちにさせてくれます

以前ご紹介した木綿織りの大熊真智子さんも出展なさっています 手で紡いだ木綿の風合いはやはり爽やかでした

ちょうど大井川葛布の村井さんのレクチャーが開かれていて お話を聞かせていただきました 布というものを葛布に限らず大変よくお調べになっておられて とても勉強になりました

昨今 衣食住の中で食や住に関してはその安全性を叫ばれているのに こと衣に関してはあまり重視されていないということ 実はそのことはとても大切だということ

心に留め置かなくてはいけません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.14

一周年

Dsc00052

今日でブログを始めて一周年!

物事を続けることが苦手な方で 日記の類は続いたためしがないのですが なんとか一年続けることができました

ご覧になっていただいていることがとても励みになっています

お付き合いくださっている方々 いつも本当にありがとうございます

これからものんびりムードで更新していきたいと思います

どうぞよろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.11

色付く

Dsc01649

一日に載せた庭の紫陽花

さらに色付いてきました 今年の花は小ぶりです その上茎が細くなって花の多くが倒れてしまいました

花は切って台所の窓に飾りました

6月にふさわしいブルー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.10

糸それぞれ

Dsc01593

今日はまた精練 先日とは違う赤城の糸です

野趣のある感じ ところどころ節があり 蛹の屑のようなものも混じっています

精練の時間がいつもよりかかっているような… 途中灰汁を足すという普段やらないこともしました

確か以前にもこんなことがあったと思い過去のノートを見ると やはり同じ方がひいておられました 

先日の精練が短時間でうまくいったのでそのデータ通りにすればよさそうですが それはあくまで目安に過ぎません 特に赤城の糸はひいた方によって性質が違うので 糸それぞれによって対応しなければならないと思います

糸との付き合いの第一歩が精練なのです

今日の糸うまく生かすことができますように

これから楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.08

逆でした

Dsc01585

これは機の一部です 歯車のような形をしている部分は菊と言います

そういえば形が菊の花に似ていますね

菊の中央に差し込まれている角材に タテ糸が巻き取られている千切り(ちきり)をセットします

菊は織る分ずつのタテ糸を送り出した後 ストッパーによってタテ糸を固定するためにあります

私のところの機では菊の側から見て時計回りにタテ糸を送り出しますが 地方によっては 逆のところもあります

タテ絣を学んだのは新潟県の十日町です 今回はその時の方法でタテ絣を織ろうとしたところ 十日町の機は菊の側から見て反時計回りに糸が送り出される構造だったのでした 

そのことをうっかり忘れていました 絣糸を地糸に組み込むときに裏から組み込んでしまったのです いざ織ろうとしたところ地糸に絣糸が絡んでいるではありませんか

今は直しましたが 次回からは気をつけなくてはいけません

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.06

豆 ゴーヤ

Dsc01309

きれいに並んだグリンピース 家庭菜園で採れました

Dsc01310

豆ご飯にして食べたら 初夏の味

旬のものを味わうのはやはりいいものですね

Dsc01517

今年も庭にはゴーヤの苗を二本植えました

窓に射す真夏の日差しを和らげてくれる上 次々採れる苦瓜は夏バテ防止にもってこいです

ただ三年連続同じ場所に植えているのでちょっと心配 ゴーヤにも連作障害はあるのでしょうか?

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.01

庭の草花

Dsc01290_3 

今日は爽やかで気持ちのよい一日でした

もう6月…

庭の紫陽花がほんのり色付いてきました

広くはない庭ですが 放っておくとあっと言う間にジャングル状態に

夕方作業に疲れてくると 庭に出て草取りします これがけっこう良い気分転換になります 

Dsc01432

ただ雑草の中にもなかなか愛らしい花があってつい見入ってしまい 抜いてしまうのが可哀想になってしまいます

Dsc01429

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綜絖通し

Dsc01332

今日は綜絖通し 千本の糸を一本ずつ綜絖の穴に通していきます

いつの間にかこういう作業はさほど苦ではなくなりました 

織物を始めたばかりのころは 千本(またはそれ以上)を間違えずに通すなんてとうてい無理と感じたり やたらと力んでへとへとになっていたように思います

今はリズムにのれると気分がいいし ぴったりと終わると計算の答えがあったような達成感があります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »