« 赤城の糸の精練 | トップページ | 糸の光 »

2010.05.22

一反目

Dsc01139

以前にも登場させた初めて草木(桜)で染めた糸で織った一反目の紬です 自分用に仕立て  かれこれ10年近くことあるごとに着ています

これを着てまる一日過ごすことも多く 展示会場の道具を運んだり 居酒屋に入ったり かなり乱暴な着方をしているように思います

八掛(すそまわし)の裾の部分がついに擦り切れてきました 早めに直さなくてはいけません

その前に天気が好いので風を通しました 

愛着のある一反目 これからもまだまだ活躍してもらうつもりです 着ることによって布がどのように変わっていくかも楽しみに 

 

|

« 赤城の糸の精練 | トップページ | 糸の光 »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541947/48421225

この記事へのトラックバック一覧です: 一反目:

« 赤城の糸の精練 | トップページ | 糸の光 »