« 秋の空 | トップページ | 芒 背高泡立ち草 »

2009.09.28

糸が割れる

Dsc07911機の上で織り進んだ経糸は 最後には10位の房によって千切り(ちきり)というものにとりつけられているため 房にかえっていきます

糸の面が割れてくるのでそれと分かります

そろそろ織りあがりが見えてきたというサイン

|

« 秋の空 | トップページ | 芒 背高泡立ち草 »

作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541947/46331870

この記事へのトラックバック一覧です: 糸が割れる:

« 秋の空 | トップページ | 芒 背高泡立ち草 »