« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.30

その後

Dsc01424染料となる草や木は庭で細かく刻んだりチップにするなどして煮だします

これは4年前に芒の葉を刻んでこれから煮だしを行おうとしているものと

すでにチップ状にして煮だしを終えた花梨の枝です

こうした煮出しを終えた所謂出し殻は畑に持っていって土に返します

数年後にはふんわりした良い土に変わっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.29

芒 背高泡立ち草

Dsc07953_2芒(すすき)や背高泡立ち草の花が真っ盛り

背高泡立ち草は秋の花粉症の原因にもなっているようで 嫌われていますが 芒と共に染色には使えます

春に花粉症がひどいので花の時期に染めるのは躊躇してしまいますが 何時か染めてみたいと思っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.28

糸が割れる

Dsc07911機の上で織り進んだ経糸は 最後には10位の房によって千切り(ちきり)というものにとりつけられているため 房にかえっていきます

糸の面が割れてくるのでそれと分かります

そろそろ織りあがりが見えてきたというサイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.26

秋の空

Dsc07680このところ毎日とても気持ちのよい晴天が続いています 空が高くなってきました

あと個展まで一月足らず

準備に色々な方が助けてくださっています   

皆様本当にありがとうございます 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.25

秋明菊

Dsc07868_2 しばらくぶりの更新です

庭には数年ぶりに秋明菊が咲いています

そこだけぽっと光がさすような真っ白な花です

でも本当は花に見えるのはガクなのだそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.18

DMができました

Dsc07835_2 Dsc07796_3

10月24日から始まる個展のDMができました 自分の名前が印刷されているのを見るのはなんだか気恥ずかしいものですね

個展会場は京都北白川の疎水沿いにある「りほう」というギャラリーで 一階は落ち着いた雰囲気の素敵な喫茶店になっています 

色々な方とお会いできますこと 今から楽しみにしています

DMについてのお問い合わせはメールにてお待ち申し上げております(プロフィールの文字をクリックしてメールアドレスから送信をお願いします) 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.14

実桜の着尺

Dsc07752庭にはサクランボの木があります

毎年白い花を咲かせ サクランボが生ります ほとんどはヒヨドリに食べられてしまいますが

そして木に取り付けた巣箱にはシジュウカラの番いがこれも毎年入り 十羽前後の雛が巣立って行きます

この着尺 そんなサクランボの木の枝や葉で糸を染めて織りました 

前に糊付けのことを載せた時に 桜で染めた糸は桜餅の匂いがすると書きましたが 着尺になってもその匂いは残っているような気がしてしまいます

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.13

紫式部

Dsc07688

このところ缶詰状態で機織しています 

かなり運動不足なので少しだけ散歩に出かけました

昼間に近所を歩いたのは久しぶり

秋はそこかしこにやってきていました

萩 彼岸花 水引草…

写真は紫式部です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.12

夏の終わり

Dsc00684今日は久しぶりの本格的な雨でした

夕方雨上がりに蜩(ひぐらし)がたった一匹で鳴いていました

写真は虫食の痕が面白い葉っぱ

ブローチにしたらよさそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.10

Dsc07609 杼(ひ)という道具です

昨日は緯糸を巻くところを載せましたが その後管を収めるものです

一番上の杼は裏返っています

車がついていますね それによって経糸の間にうまく滑り込みます

杼はいつも私の右手から左手へ行ったり来たり 機と共に一緒に過ごす時間が最も長いのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.09

緯糸巻き

Dsc07600緯糸を管に巻いています

手紡糸の風合いを失わないように指先で糸の節やウェーブを感じながら引っ張り過ぎないように巻き取っていきます

管に巻かれた緯糸は杼という道具に収め 綜絖で上下に分けられた経糸の間に滑り込ませて織り込みます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.06

月の光

Dsc07569_4 夜 買い物に出かけました 織るのは音がするので基本的に昼間に織ります

それで夜に気分転換もかねて買い物に出かけたりします

満月(少しかけている?)の光が皓々としていました

そういえば昨夜ベッド脇の窓からの月光が強いので 本の文字が読めるか試してみたら読めたのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.04

Dsc07519 栗を拾いました

この間の台風で栗畑から吹き飛ばされて 我が家の畑の前の道路に転がってきたものです

栗のイガはよい色がそまるそうです 帯揚げくらいなら染められるでしょうか?

食べるものでも ついこれはどんな色になるのかと思ってしまいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.03

風2

Dsc06933_3 今日も涼しい一日でした

こんなに急に秋めいてくるとなんだか寂しいです

あんなに騒がしかった蝉の声も秋の虫の声に

風の着尺の画像をもう少し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.02

Dsc06505こちらの着尺(上方の白っぽい方)

風のイメージです

もうしばらくして 空気が冷たくなり 風にのって金木犀の花の香りがどこからともなくするときがありますよね…

そんな風です

緯糸に織り込まれているよこ段の糸は実際に金木犀の枝や葉で染めています

2006年 庭で茂りすぎた金木犀 それを染めた時から暖めていたイメージです 一昨年 秋に個展をさせていただく事が決まったときに真っ先に織ったのがこの着尺です 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.01

風の盆

5_2726今日から三日間 越中八尾では「風の盆」が始まります

哀調を帯びた地方(じかた)と静かで美しい踊り

毎年多くの観光客で賑わいます 

それでも静かな空気は地元の方々によって大切に守られています

その空気に触れたくて訪れたいとは思いますが 今年は遠くから想うにとどめます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »