2024.02.15

個展のお知らせ

77797c0598ee48029fd70be1d852bb6e

突然ですが個展のお知らせです

着物の塩田さん主催

2024年3月1日(金)〜3日(日)11:00〜19:00(最終日は18時まで)

東京神楽坂「ギャラリーフラスコ」にて

https://shiota-shouten.co.jp/news/202403_frasco001/ 

どうぞよろしくお願いします

 

| | | コメント (0)

2024.01.14

本年もよろしくお願いします

Img_8748

次回作を機にかけました

少し実験が続きます

本年もどうぞよろしくお願いします

 

| | | コメント (0)

2023.12.08

久しぶりの精練

Img_8720

今日はお天気が良良いので

精練しています

画像は精練前の座繰り糸です

 

| | | コメント (0)

久しぶりの仕上げ

Img_8702

 

6bd4f0f9fe57488eaa57de6a82b6b243

糊抜きの後 いつもは湯のし屋さんに持って行くのですが

今回はスチームアイロンをかけ 砧打ちをして仕上げてみました

その分生地は柔らかくなりました

色々試してみるも

タテ糸もヨコ糸も今はつくられていない糸を使っています

もう一度この風合いをと思っても 叶わなく悩ましいです

 

 

| | | コメント (0)

2023.08.28

久々の畑

0863bbd7d20444229c75e233475eb37c
一昨日久しぶりに畑へ行きました

ひと月前に右手指と手の甲の骨折をしてしまい目下リハビリ中なのです

機織りも畑仕事も出来ずもどかしいかぎり

その間友人が草刈りをしてくれて助かりました

それにしても里芋の大きくなったこと!

 

| | | コメント (0)

2023.07.10

久しぶりの着尺

Fbb9338a33b344d78772e51d5079682b

そろそろ梅雨明けしそうな…

久しぶりに着尺を織っています

今まで織った着尺の残り糸をあれこれ混ぜて

少しずつです

 

| | | コメント (0)

2023.04.12

畑の休憩コーナー

E667685824a848eabfb72caae3a7623b

友人が畑に日除け 休憩のためのコーナーを作ってくれました

夏の畑仕事は休憩しながらでないととてもできません

日射しの向きに合わせてタープの角度も変えられます

本当に助かります

 

B36a87ee77c14da99526094203a1796a

D81019ba9f594ed8bb54aff0f4e5aea0

しばらく畑に行けないとカラスノエンドウが地面を覆いつくしていました

名前を知らない白い花も咲いています

これから夏野菜の苗が出回ることでしょう

無理のない範囲で畑仕事を楽しみたいと思います

| | | コメント (0)

2023.04.09

最近の出来事

755d175c0a1c4393b4c1351b0cbad7da

息も絶え絶えのこちらのブログ

見てくださっている方がいらっしゃるのかどうか?

自分の記録として更新します

ある方から蓮の糸を少し分けていただきました

蓮の茎から蜘蛛の糸のような繊維を取り出し 手作業でよりをかけた貴重な糸

出来上がった布は少し重みのある硬いような柔らかいような…

冷たいような温かいような…

ともかくなんとも言えず不思議な感触の布になりました

 

89ca97375f354a7f9e336dabf33de333

それからもう一つとても嬉しい出来事が

以前に藍染めの糸で織った着尺

気に入ってくださる方があり 私の手元から旅立って行きました

ありがとうございます

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2022.12.21

自分への贈り物

A5aed568117d4888ac62f0ea6566be4c

12月に入り今年一年を振り返ってみる

前半は続けて逝った両親の様々な後片付けに気が張り

後半は張り詰めていた気持ちが緩んだと同時に心が空っぽになってしまいました

そんな時 父の遺した畑には随分と助けられました

少しずつですが身の周りのものに目が向き

先日は一区切りに自分のために小さな壺を買いました

畑の行き帰りに目にする野の草花をそこに入れると良いと思ったのです

お店からその小壺が届いたのは 偶然にも私の誕生日でした

 

 

| | | コメント (0)

2022.09.25

52f833be242149a0994164d39a2235f2

 

昨年の夏 誤嚥性肺炎を起こし緊急入院した母はひと月程で退院出来るはずでした

ところがその後食べることができなくなり

コロナ禍の中で面会も出来ず 次の医師からの説明では延命治療をどうするかとのことでした

 

母は治る見込みのない場合は延命を望んでいませんでした

点滴を取ると後は病院での治療は特にありません

面会出来ない状態で病院に居続けるよりはと

昨年の今日 母を病院から連れ帰りました

 

 

| | | コメント (0)

2022.09.04

思い出

C2dec30bfcf34a4e90ced9477b9096b4

幼い頃 母に好きな季節を尋ねたことがあります

「そうね 秋かなあ」

そう言ったように思います

 

4435aee836a344f8abca8f59ec05ed26

畑のそばで拾った栗はおこわにしてみました

もうすぐ母の好きだった季節

 

 

 

| | | コメント (0)

2022.09.03

実験

B4203e1a1ea941dbbf0f6b46ef5c47b1

作りためていた手紡糸

材料の真綿に油分のようなものが含まれていて 

染める時に水を弾いてしまい 

染め難く そのまま手をつけずにいました

中性洗剤で洗ってみたらとのアドバイスをいただき 洗ってみました

少し感触が変わったように思います 

染めと糊付けが上手くいきますように

 

 

| | | コメント (0)

2022.04.28

畑に

D384570aa1ca4d11abfb0758c91b3c4c

週一のペースで見廻りに行っている元菜園

一雨ごとに草が伸びています

草取りをした土にスコップを入れると思いのほか柔らかい

思わず少し耕して 

Aea4aef49ba94a1bb15707fb41c71de9

ミニトマトと万願寺とうがらしの苗を植えました

笹や葛の根っこだらけなので 

作物を植える気はなかったのですが ほんの少しなら良いかもと

5b90223954924952831e27be622350ba

本当は染材になる植物を植える場所にする予定

小手毬は元々植わっていて 染料にもなります

季節外れの剪定をしたため枝振りは悪いものの 花を咲かせてくれました

 

 

 

| | | コメント (0)

2022.04.21

枇杷染め①

474bde55f40f4b288e1443317954838c

自分の時間がほとんど取れない生活をこの数年続けてきました

今は自分で好きなように動けるはずなのに 動き方を忘れてしまったよう

それでも菜園の草取りをしたり 友人のお誘いで出かけたり

少しずつ動きだそうとしています

枇杷染めは普段あまりしない銅で媒染

こっくりとした赤味の茶色になりました

媒染違いで他の色も染めたいです

 

| | | コメント (0)

2022.04.14

枇杷の葉

Fe2db50b200c4d358126bba6b7680c7d

桜が散って 緑が日に日に濃くなってきました

枯れ葉色だった元菜園にも草が生えてきました

辺りにはまだ自然が残っており ちょっと行かないと元の藪に戻ってしまいそうです

 

8b93ba7a4bcf4c008ffbdf95c94cd5f9

自生している枇杷の木から葉っぱを少しいただきました

これで染めてみることにしましょう

 

 

 

| | | コメント (0)

«鮮やか